より高く売るテクニックTechnic

第一印象をどう考えるのか?
以外と重要性が高いと思いますよ。

現時点での築後経過年数や間取り、設備を変えることは難しいですが大事に使われている物件かどうかなどは、気持ち一つで同じ物件をよく見せていくことは可能です。

室内を見る前に目に入るのは外観!

室内を見る前に、必ず外観が目に入りますよね。
植栽が手入れなしの状態や枯れている状態だと物件が綺麗に写りません。
インターホンを押す際に蜘蛛の巣が出来ていたり、埃が被っている状態だと売れ残り感が出たりします。

玄関に入っても…

玄関ドアにも同様な事が言えるでしょう。
玄関に入って靴が欄座になっている状態よりも靴はシューズBOXに直し、広く見せた方が良いです。
廊下などは暗くなりがちですので電気をつけていた方が良いでしょう。

購入者がいい印象を持つには

大事に使われた家の方が、購入者には良い印象を与えます。どの部分を見て判断していくのか?
一番はやはり水回り。キッチン、トイレ、洗面台、浴室。蛇口などは使い古しのストッキングなどで掃除するとピカピカになります。清潔感も一緒に出てきてイメージが変わってきます。

意外と見落としがちなポイント

バルコニーからの眺望や通風、隣地建築物との空間などは恐らく皆様、気にするところです。
ですが、その際の窓が汚い状態ですと印象が悪くなりがちです。意外と見落としがちなポイントですが、窓も綺麗にしておくとよいでしょう。

 

一言で分かりやすく伝えるとしましたら、清潔感があり、売れ残り感を無くしていく作業は必要だと思います。
売り出したばかりの段階から売れていないと思われたら勿体ないですよね。

ハウスゲート不動産売却センターでは、この他にもお客様の不動産をより高く売るためのテクニックなどアドバイスさせていただいております。
少しでも迷っておられるのなら、ぜひ一度お問い合わせください。