買取と仲介Purchasing

まずは知っておこう!不動産流通に関して

不動産探しをするにあたり知っておかないといけない流通事情
不動産探しにおいて不動産流通がどの様に行われているかを知っているお客様と知らないお客様とでは良い物件と出会った際に大きな差が出ます。
 

不動産流通は知っておいて損はしない情報です。
営業トークとして紹介物件の事を当社しか扱えないなどと伝える営業マンはいますが、それは嘘です。
もしそれが本当なのであれば宅地建物取引業に違反しており、業務停止などの罰則を受ける事となります。過去に主に大手不動産業者がニュースで取り上げられたり、業務停止命令などを受けているのが現状です。
今の時代、そういった営業トークで活動している不動産業者は少なくなっております。

媒介契約とは

売主は不動産売却する際に、まずは不動産業者に査定依頼し、どれくらいで売れるかを相談します。
その際に希望金額と査定金額に大きな誤差がなければ売りに出すための契約を行います。

不動産流通に関して

近畿レインズ(近畿不動産流通機構)への登録

近畿レインズ(近畿不動産流通機構)への登録

基本的に不動産売却に伴い、上記B社は不動産流通に登録された物件情報を基に各お客様への物件紹介や宣伝活動を行います。依って、不動産業者は情報を共有しておりますので、どこの不動産業者であっても不動産情報は同じになります。

どこの不動産業者へ行っても同じ物件情報なので、普通、業者担当者は良い物件から紹介していきます。良い物件を紹介したいのはどこの業者、担当者も同じ考えなのでお客様にどんな物件が欲しいか細かくアンケートをとるのです。

不動産、買取or仲介?

売主様の売却事情により、
買取がいいのか仲介での売却がいいのかは異なります。

買取の場合

メリット
  • 不動産の現金化の目途が直ぐにたつので、資産利用しやすい
  • 周辺住民に内緒で取引が可能である。
  • 買主の案内での立ち合い等がないので、ストレスなく売買出来る。
  • 瑕疵担保責任等が免除されるので売却後の責任が無くなる。
デメリット
  • 相場より安い価格での取引となる。

仲介の場合

メリット
  • 相場取引が出来る。
デメリット
  • いつ売れるかが解らない。
  • 毎週末、お客様の案内が有る度に自宅での待機を要するので、個人的時間への制約が出てくる。
  • 周囲に売却活動をしている事を知られる。


急な事情があり、不動産を売却しなければならない方は、通常売却にて相場より安く価格設定をし売却するのも一つ。買取してもらうのも一つの方法です。先ほど、不動産流通事情を説明しましたのは、一般売却を基に販売活動するお客様に理解してほしい内容となります。

なぜ近畿レインズという、不動産流通システムがあるのか?
よく査定に伺うと出てくる会話がございます。
私の不動産を欲しがっているお客さんがいるとチラシがよく入る。だからその不動産会社に頼もうと…」

私の不動産を欲しがっているお客さんがいる
その言葉は本当でしょうか?
私も、持ち家(マンション)です。私の家にも、売主様が仰っているようなチラシは1週間に2~3度、ポストに入っています。
「〇〇円までであれば現金で購入できるお客様がいます!」などと具体的な内容が記載してあります。
でも、同じマンションに売りに出ている部屋があるのです。
何故、その売りに出ている部屋は一向に売れないのでしょう?

皆様はどう思いますか?媒介契約前から嘘をつく会社(担当)。

もし本当にそんなお客様がおられたと仮定しても、その「売りに出されているマンションの部屋」の情報は近畿不動産流通機構(近畿レインズ)に登録されている訳ですから、窓口となる業者へ問い合わせすれば済むことなんです。
ただ現状は殆どが嘘と言っても良いかもしれません。

買取を希望される売主様は複数の業者へ査定を出す事によって意味は出来ますよね。
と言いますのも、基本、売主様は一万円でも高くで売れた方が良いからです。
弊社は自社買取も含め、買い取り専門の業者のラインを複数持っております。
その中で一番高く価格を付けてくれた業者を紹介させて頂きます。勿論弊社かもしれません。買取での取引の際は、手数料は一切頂きませんので、ご活用ください。
 

ただ一般流通での仲介売買の場合、査定を複数の業者に依頼する事は、適正価格を知る意味では必要ですが、複数の業者を窓口に販売活動する事には大きな意味は持ちません。
と言いますのも、先程、不動産流通の仕組みをお伝えしましたが、窓口となる業者へ、お客様がおられる担当者は案内予約や物件に対して質問等をするからです。
 

その窓口となる業者(担当者)が適切な考えをもって販売活動する方であれば、複数の業者へ依頼を掛けたのと同じ意味を持つからです。

買主は複数の不動産ポータルサイト等で、不動産情報を収集し興味のある物件、無い物件を選定して動きますので、あまりに相場離れの価格帯では案内すらも入らない可能性が出てきます。

少しでも高くで売却出来ればと思っておられる売主様が殆どだと思います。
囲い込みをされたり、本気で売却の事を考えていない担当者に任せた際は・・・
損をするのは売主様だけです。

是非、不動産売却相談をされる際には、当社にお任せください!!