代表者ブログBlog

シリーズ:不動産売却の裏話<その1>

2019/08/05

先日、ある売主様から話の流れでオモテの四角四面な話ではなく、実際のウラ話をしてほしいと会話が有り、売主様はこんなところにも不安が有るのかと「なるほどなぁ」と思い、ブログでシリーズ化しようと思いました。

 

不動産売却をお考えの売主様へ

査定依頼が有り、査定書を作るのですが、査定書は簡単には出来ません。
役所廻りを調査し、公的書類を入手し(勿論、費用はかかります)、過去事例や現在の売り事情、新築の相場など各目線から考慮し査定書は出来上がるんです。

 

ある売主様とお会いし、話を伺っていた際に、当時購入した際の金額が勿論あり、予想の範囲では有るものの、現在の売相場も何となく理解しているとの事。

 

当社も含め5社の不動産業者と意見交換したそうです。
結論的には当社が販売依頼を頂く事となったので、お伝え出来るのですが。

 

当社の査定金額は他の仲介業者の査定金額と比較すると中間ぐらいだったそうです。
では、何故、当社を売り依頼業者として選定したのか?

 

不動産売却が成立した後でないと、売主様も本音が出る事が少なく、この話も取引が成立した後に伺った話なんです。

売主様は当時の購入価格から思考し売れたら嬉しい価格もちゃんと有りまして、その価格の方が当社の査定金額より高かったんです。
それなのに何故?当社に依頼を?
ってなりますよね。

 

ずっと当社に依頼を掛けてくれた事に嬉しくもあり、疑問でも有ったんです。
理由を尋ねてみました。

 

すると、「一番、会話が噛み合った。」との事。
査定不動産の良い点。
逆に悪い点。

 

良い点は購入客は説明いらずで簡単に感じてもらえるんです。
売主様にとって悪い結果は売れない場合です。

資金計画が成り立たない。
今後の動きに影響が生じる。
近所の方にも知れ渡り、顔が立たない。

など、直接な部分と想像の部分で売れない場合の不安は有ると思います。

 

いろいろな角度で売主様のお話を伺った結果、良くも悪くもアドバイスさせて頂きました。
その結果、会話の内容が一番、噛み合ったとの事でした。

 

結果は当社の査定金額での販売活動ではなく、売主様の希望小売価格での販売スタートで、売主様も納得の取引になりました。

 

正直、私自身、私の事を「くせの有る人物像」でこの業界努めております。
有る方からは「竹を割ったような性格で分かりやすい」と言ってくださる、売主様も多いです。

 

これからも営業マンからの目線、売主様の目線、買主様の目線でアドバイスが出来ますよう、精進していきます!!

 


Latest articles

2019/10/14

摂津市鳥飼下二丁目モデルハウス

2019/10/14

枚方市養父元町建築条件無し土地約40.24坪

2019/10/13

グレースコーポまきのB棟

2019/09/20

枚方市氷室台1丁目戸建

2019/09/15

リバティパーク枚方A棟上層階EV停止階